DP(Netflix)は軍隊実話だから面白い?ロケ地や感想,見どころなど徹底考察!

DP(Netflix)は韓国軍隊ドラマ!兵役・軍隊に興味のある人には絶対見てほしいドラマです!

日本人には未知の世界の韓国軍隊。

大韓民国の男なら誰でも行かなければならない国防の義務

韓国芸能人が兵役入隊するという話くらいでしか「軍隊」という言葉は聞きません。

しかし、このドラマを見るとドラマでありながらその内部がリアルにわかるような内容でした。

今回は2021年8月27日からNetflixで配信されているD.P.-脱走兵追跡官-を大解剖してお届けします。

Netflixオリジナル韓国ドラマ「D.P」とは


放送:NETFLIX(ネットフリックス)
公開日:2021年8月27日(シーズン1)
放送回数:全6話
製作費:200億ウォン
監督:ハン・ジュニ
原作:キム・ボトン

ハン・ジュニ監督が演出と脚本を担当し、原作漫画家のキム・ボトンが共同脚本を担当しました。

「D.P」韓国語原題とハングル表記

韓国語原題もD.Pです。
サブタイトルの「-脱走兵追跡官-」はついていません。

ハングルで書くと

디.피.(ディー.ピー.)

そのままです。

韓国ドラマ「D.P」のタイトルの意味は?

「脱走兵の追跡」を意味する

Deserter Pursuit

の略で
軍隊から逃げた脱営兵を捕まえる任務を負っている軍人のことを表します。

軍隊から脱走し一般社会に隠れてしまった脱走兵を捕まえるためには、軍人という身分を明らかにできないため軍隊で唯一私服を着用できて髪も伸ばせることが許されているDPです。

韓国ドラマ「D.P」の原作は?


NAVER WEBTOON(ネイバーウェブトゥーン)という韓国のデジタルコミックで配信された

D★P 개의 날

が原作です。

韓国語表記の意味は「D★P 犬の日」となります。

韓国で犬を表す개(ケ)は日本で言うペットなどの意味ではなく悪口として使われ、一般的な犬を言う時は강아지(カンアジ)を使います。

日本でも「会社(上司)の犬」など尽くしている人を見下すような表現がありますが개(ケ)はまさにその言葉に該当します。

韓国で言ってはいけない言葉

としても知られています。

原作漫画タイトルの「D★P 개의 날(犬の日)」は軍隊に入ることで国の犬になるという皮肉を込めてつけられたのかもしれません。

実際にDPだった原作漫画家のキム・ボトンさんの経験を元に実話に基づいて作られたストーリーなのだそうです。

韓国ドラマ「D.P」のあらすじ/ストーリー

脱走兵を追跡/逮捕する韓国陸軍の軍事警察であるDP二人の主演が軍隊兵営内のいじめや上下関係という過酷で不条理な部分を目の当たりにしながらもコンビを組んで事件を解決するように脱走兵を追う中で様々な事情に直面していく軍隊ドラマです。

韓国ドラマ「D.P」は全何話まで?

全6話です。
1つの話も長くて55分と長すぎず合計298分(5時間弱)なので1日でも視聴完了できてしまいます。

エピソードタイトル時間
1花を持った男50分
2一場春夢51分
3その女55分
4モンディ・ホール問題52分
5軍用犬45分
6傍観者たち45分

韓国ドラマ「D.P」の対象年齢は?R指定はある?

NETFLIX(ネットフリックス)日本版の該当ページで表記は見当たりませんでしたが韓国では「15歳以上閲覧可」となっています。
露骨ないじめシーンや少々刺激的な性的セリフも出てくるのでR15指定されているのでしょう。

Netflixオリジナル韓国ドラマ「D.P」は実話?ノンフィクション?

「D.P」が公開されてから国防部長官が現軍の実態について説明したほどリアルにできたドラマです。

軍隊で使われる用語から小道具まで完璧に再現したと言われています。

D.P.-脱走兵追跡官-は実話ではありませんが、軍隊を経験した韓国の人が作った作品なのである程度事実に基づいたり内部を見たからこそありえるエピソードを多少ドラマティックに盛り込んでいるノンフィクションドラマだと言えそうです。

軍生活(兵役)を経験した「DP」を見た韓国男性で

記憶に残っている軍生活の場面が想像以上に多かった。

というコメントも見かけました。

ただDPが脱走兵捜索のために外に出て飲食を楽しんだり自由な時間が多く見られるという部分は大げさなようで実際にD.P.が捜索の外出時に支給される活動費はとても少ないのだそう。

Netflixオリジナル韓国ドラマ「D.P」のロケ地

兵舎

ドラマに登場する兵舎は2017年11月に閉鎖された富川(プンチョン)の61師団の跡地です。

2019年9月に富川市が軍部隊の敷地を買い取って段階的に開発を始める予定の土地なのだとか。

2話で脱走兵を追跡する際に出てきた住所が「京畿道富川市遠美区中東」で部隊の位置と一致しているのだそう。

プサン

3話の主な撮影地は釜山でした。
休暇中に呼び出しを受け釜山まで脱走兵を捜索に行きました。

釜山広安橋

3話でジュノとホヨルが二階建てオープンバスに乗りながら釜山の美しい景色を背景に脱営兵の話をしているシーンに登場した夜景で有名な広安大橋です。

釜山の南港(チャガルチ市場)

3話で脱営兵を追い詰め乱闘シーンになった場所です。
釜山の南港でチャガルチ市場も見えました!

忠武施設

最終話(6話)の最後のシーンに出てきた場所で「忠武施設」と呼ばれる有事に備えて作られた地下シェルターです。

爆弾にも耐えられる剛性鉄筋コンクリートで建てられ1997年まで訓練指揮本部として実際に使用されていたそうで戦争が勃発してソウルが陥落した場合には非常指揮本部として大統領府や軍首脳部が使えるように設計されていたのだそう。

1999年に新しく移転した釜山市役所の中に同様の忠武施設が作られこの場所の使用はなくなりました。

1200坪もあるというこの施設は一般の人は入れない立入制限区域で撮影にも当然許可がいりますが映画やドラマの撮影に使われることも増えてきています。

ヒルトンホテル釜山

3話で脱営兵を探していた時に訪れたホテル。

蔚山(ウルサン)大学

4話の主な撮影地は蔚山(ウルサン)大学です。

建物から講義室まで様々な場所で撮影されたそうです。

Netflixオリジナル韓国ドラマ「D.P」の主なキャスト/出演者

チョン・ヘイン:アン・ジュノ役

誕生日:1988年4月1日
178cm/68kg/A型

第103歩兵師団憲兵隊に所属する軍務離脱兵逮捕を担当するDPに配属された新人二等兵。
苦しい現実から逃げるように軍隊に入隊しDPに配属され脱走兵を追いかけますが軍隊の外に追い込まれた脱走兵の過酷な現実に直面し成長していきます。

チョン・ヘインは兵役服務済みです。9倍の競争率を勝ち抜き師団長運転兵に抜擢されたのだとか。

ク・ギョファン:ハン・ホヨル役

誕生日:1982年12月14日
174cm/-kg/A型

第103歩兵師団憲兵隊に所属する軍務離脱兵逮捕を担当するDP組長であり階級は一等兵。
いい加減で軽いタイプに見えますが熱い人。
アン・ジュノ(チョン・ヘイン)とのコンビで脱走兵を追いますが刃物に対して尋常でない恐怖心を持っています。

ク・ギョファンは公益勤務要員(現:社会服務要員)で兵役代替服務を終えています。

キム・ソンギュン:パク・ボムグ役

誕生日:1980年7月5日
178cm/-kg/A型

第103歩兵師団憲兵隊に所属するDPを率いる軍務離脱担当捜査官であり階級は軍曹。
軍人という使命感と正義をもって上役にも尻込みせず部下たちには厳しくも優しいどんな状況でも冷静な上官役です。

キム・ソンギュンの兵役は陸軍で炊事兵だったのだそう。

ソン・ソック:イム・ジソプ役

誕生日:1983年2月7日
178cm/80kg/B型

第103歩兵師団憲兵隊に赴任してきた元陸軍中央捜査団の大将補佐であり階級は中隊長。
昇進のためならおかまいなしに事を進めるのでパク・ボムグ(キム・ソンギュン)と対立。昇進のための行動重視、自己保身のかたまりで見ててイラっとさせられますが真の悪人ではなくただ出世(昇進)をしたいだけの迷惑な人でした^^;

ソン・ソックの兵役は競争率の高い倍率のイラクの歩兵に志願入隊し服務を終えています。

シン・スンホ:ファン・ジャンス役

誕生日:1995年11月11日
187cm/72kg/A型

第103歩兵師団憲兵隊特任隊助長→満期転役(除隊)。
アン・ジュノ(チョン・ヘイン)と営内同室で後輩いじめが趣味の先輩。
大きな体で卑劣ないじめ行為を繰り返しますが誰も止めることはできず黙認するのみ。どうしようもない悪でしかありません。

モデルデビュー前の小学校4年生の時から大学2年生まで10年間サッカー選手として活動していたというシン・スンホ。
D.P出演時は25歳で兵役はまだ行っていないというのが驚きでした。
視聴者を不快にさせるほどの演技は俳優としての上手さなのでしょう。

チョ・ヒョンチョル:チョ・ソクポン役

誕生日:1986年12月24日
183cm/-kg/B型

アン・ジュノ(チョンヘイン)と営内同室で元柔道選手のアニメおたくの心優しい先輩ですがいじめの犠牲者であり被害者。登場シーンは多くありませんが、監督がインタビューの中で「チョ・ソクボンは必ずチョ・ヒョンチョルでなければならなかった」と言うほど比重のある配役でした。

ヒョンボン:チョン・ヨンドク役

誕生日:1984年10月20日
180cm/85kg/-型

第103歩兵師団憲兵隊長であり階級は中佐。
兵士は消耗品という考えの持ち主で責任逃れと自己保身のためには手段を選ばない人間性は幹部にも兵士にも悪評判。
本当に嫌な中佐役のおじさんかと思いきやドラマ出演時には36歳という意外に若かったヒョンボンは陸軍現役で兵役を終えています。

Netflixオリジナル韓国ドラマ「D.P」のその他のキャスト/出演者・特別出演/カメオ

コ・ギョンピョ:パク・ソンウ役

誕生日:1990年6月11日
185cm/-kg/-型

飲んで遊ぶことだけしか頭になくDPの仕事をしない第103歩兵師団軍脱逮捕組長。
父が議員だったため次期選挙に影響が出ないよう友達が兵役免除や公益(社会服務要員)という兵役不正を使っていたのにDPに入ったことに不満を持っている。

コ・ギョンピョ自身は陸軍第23歩兵師団兵長で満期転役(除隊)し兵役を終えています。

ホンギョン:リュ・イガン役

誕生日:1996年2月14日
-cm/-kg/-型
第103歩兵師団憲兵隊勤務憲兵。

演じていたホンギョンに全く罪はないのですがこの役はどうしようもない見るに堪えないいじめ役でした。

見方を変えるとこのような役の人物がいたから他のシーンに繋がったとも言えますが…

パク・セジュン:ホ・ギヨン役

誕生日:1996年2月14日
-cm/-kg/-型

第103歩兵師団憲兵隊捜査課速歩兵であり階級は一兵。
マクドナルドが大好きでアン・ジュノ(チョンヘイン)に情報を教える代わりに軍務離脱兵逮捕の任務で外出する際は必ず買ってきてもらう。DP組に助けが必要であれば積極的に情報を調べたり行動を指示するなど状況判断能​​力が高い。

パク・ジョンウ:シン・ウソク役【脱営兵】

誕生日:1996年1月19日
-cm/-kg/-型

アン・ジュノ(チョンヘイン)がDPとして初めて追った脱営兵。
追っている脱走兵だと知らずジュノがライターを貸した相手。

キム・ドンヨン :チェ・ジュンモク役【脱営兵】

誕生日:1988年
178cm/69kg/-型

第103歩兵師団所属脱営兵。
いびきがうるさいと嫌がらせを受け脱走。
地下鉄で眠っていて発見された人。

イ・ジュニョン(U-KISSのジュン):チョン・ヒョンミン役【脱営兵】

誕生日:1997年1月22日
185cm/64kg/AB型

首都防衛司令部第53歩兵師団所属脱営兵。
休暇のまま部隊に復帰せず釜山にある父親の家で長期脱走中。
ゲーム中毒で脱走中にバイトをしていたホストバーで彼女と出会いヒモになったくせにDV行為を繰り返すどうしようもない男。ケンカはとても強いです。

かっこいい脱営兵だな~と思っていたらU-KISSのジュンでした。
U-KISSは所属事務所との契約満了に伴い約9年間に及ぶ日本活動の休止が発表されました。

ウォン・ジアン:ムン・ヨンオク役

誕生日:1999年8月17日
170.6cm/49kg/B型

チョン・ヒョンミン(U-KISSのジュン) のガールフレンド。
デパート勤務時にホストバーに行って脱営兵のヒョンミンと出会い付き合うようになりますがヒョンミンを捕まえにきたアン・ジュノ(チョンヘイン)に好意を抱きヒョンミンの逮捕を助ける。

モデルのような雰囲気ですがこのドラマがデビュー作で出演時は22歳だったこれからが楽しみの女優さんウォン・ジアンです。

チェ・ジュニョン/ジュンヨン:ホ・チド役【脱営兵】

誕生日:1988年3月9日
184cm/-kg/O型

第103歩兵師団捜索隊隊所属脱営兵で兵長。
脱営理由は認知症にかかったおばあちゃんを守るため。
おばあちゃんを療養施設に入れるためのお金を集めようと自分の体を犠牲にし危険手当の付く訓練に参加したり、部隊内でギャンブルもしていました。

ムン・サンフン:キム・ルリ役

誕生日:1991年5月9日
-cm/-kg/-型

チョ・ソクボン(チョ・ヒョンチョル)の友達。
ソクボンと同伴入隊しましたがソクボンとは違う部隊の陸軍第18装甲旅団整備隊に配属されてしまいました。休暇の時には日本のアニメイベントをソクボンと見に行く仲の良さを見せてくれます。

韓国兵役の同伴入隊とは?内容や韓国芸能人やBTSの同伴入隊を調査!
韓国兵役の同伴入隊とは?どういう意味?条件や期間や人数制限はある?などBTSや韓国アイドル・芸能人で耳にするようになった「同伴入隊」を詳しくお届けします!

Netflixオリジナル韓国ドラマ「D.P」の見どころ/裏話

DPは見どころいっぱいのドラマです。
裏話や見どころをいくつかピックアップしてみます。

スキップできないオープニング!

各エピソードの最初に映される58秒のオープニング映像は必見です!
韓国の母目線で自分の息子が生まれてから兵役入隊するまでの成長過程をビデオカメラで撮影したような演出が流れます。

視聴者たちからは
「Netflixのオープニングをスキップしていないのは初めて 」と好評だったのだそうで主演のチョン・ヘインも

オープニング自体が一つの超短編映画だ。

と絶賛コメントをしていたのだそう。

登場人物

兵役入隊で部隊配置される人たちは年齢も環境も様々です。
気の強い人、弱い人、オタク気質な人、意地悪な人、強いものに取り繕うとする人、傍観する人、正義感の強い人…といろんなタイプの人がいる中で軍隊という特殊の場で行動も自由も制限されている状況が生み出すものは一般社会では考えられないことが多いのだなと興味深かったです。

実際の軍服と軍用装具を使用して撮影!

実際の軍服と軍用装具を使用して撮影することでリアル感がより伝わってきますが

軍服取締法9条「軍服などの着用及び使用禁止」

軍人でない者は軍服を着用したり、軍用装具を使用または携帯してはならない。

を破ったという疑惑を受けてしまいます。
しかし、条項3項の例外事項に「文化・芸術活動」が含まれているため国防部でも違法性はないと判断されました。

袋ラーメンの食べ方!

韓国ドラマで袋ラーメンを作った鍋のふたをお皿代わりにして食べているシーンは見かけますが、袋ラーメンの袋にそのままお湯を入れ食べるというシーンは初めて見ました^^;
熱くないのでしょうか??

セブンイレブン

5話でファン・ジャンス(シン・スンホ)が満期で転役(除隊)後、セブンイレブンでアルバイトをしていた場面で売り場にあった賞味期限の過ぎた牛乳を処分しようとした時に店主が「賞味期限が過ぎた瞬間に片付けて出た赤字はお前が補てんするのか?」と胸元を叩きながら元の場所に戻すというシーンが出てきます。

この場面はセブンイレブンの店全体がそうしていると捉えられかねないとセブンイレブン側は「このような場面があるとを知っていれば撮影許可を出さなかった」とし、さらにこの放送により問い合わせとクレームが殺到して深刻な状況となったため名誉毀損で法的対応を検討していると伝えられました。

普通に考えるとアリエナイでしょうし買う前に自分で賞味期限を見ればいいのでは?と安易に思ってしまいますがセブンイレブンというブランドイメージがあるだけにスルーされる事ではなかったようです。

ハニーバターチップス


ちょっとしたシーンなのですがこの作品は2014年を背景に作られています。
2014年当時に爆発的に人気となったハニーバターチップスが完売という案内がスーパーのお菓子コーナーにの掲示されている細かい演出がありました。

Netflixオリジナル韓国ドラマ「D.P」の続きは?シーズン2はある?

D.P.-脱走兵追跡官-のハン・ジュニ監督と原作漫画家のキム・ボトンさんがシーズン2のシナリオを書いているという話が公開直後にありました。

本作品ではアン・ジュノ(チョンヘイン)も転役(除隊)していませんしハン・ホヨル(ク・ギョファン)が刃物を見るとパニック状態になる理由も明らかになっていません。続編を作れる要素はたくさん残っていますし想像以上の人気作品となったためシーズン2がある可能性は高いのではないでしょうか。

Netflixオリジナル韓国ドラマの無料動画配信や視聴サイト

D.P.-脱走兵追跡官-はNetflix(ネットフリックス)オリジナル作品のため公開も配信も独占で他の動画サイトでは見ることが今のところできません。

\今すぐ見れるのはNetflixだけ!/
Netflixの公式サイトはこちら

Netflixオリジナル韓国ドラマ「D.P」日本語吹き替えはある?

Netflix(ネットフリックス)オリジナル作品独占配信作品ですが

音声:日本語/韓国語
字幕:日本語/韓国語/オフ

が選べるので日本語吹き替えで観ることができます!

韓国ドラマ「D.P」日本語吹き替え声優は誰?

チョンヘイン:アン・ジュノ役波川 大輔
ク・ギョファン:ハン・ホヨル役高安 武人
キム・ソンギュン:パク・ボムグ役井上 和彦
ソン・ソック:イム・ジソプ役三上 さとし
シン・スンホ:ファン・ジャンス役露崎 亘(ツユザキ ワタル)

Netflixオリジナル韓国ドラマ「D.P」TSUTAYAやゲオでDVDレンタル開始はいつ?

日本でのDVDレンタル開始の日にちやDVDになるのかはまだ発表されていません。

通常の地上波放送の韓国ドラマの場合は放送終了から1年~1年半くらいにレンタル開始されることが多いのですがD.P.-脱走兵追跡官-はNetflixのオリジナル作品のためDVDになるかどうかも不明です。

D.P.-脱走兵追跡官-のDYDレンタルについては情報が入ればお知らせします!

Netflixオリジナル韓国ドラマ「D.P」の最後!結末や終わり方を見逃さないように注意です!

第6話が最終話となります。
本編が終わりエンドロールが流れます…が

そこで止めてはいけません!

そこからが本当の結末に入ります。

映画でもたまにそういう作品ありますよね。
D.P.-脱走兵追跡官-もそれと同じです。

実は私は一度止めてしまい「エンドロールの先を見ろ!」という情報を知り見返した一人です。

韓国での「D.P.-脱走兵追跡官-」の韓国での評価や感想

本物の軍隊とそっくりに作られた作品だからぜひ見てほしいです。

この作品を見て軍内部のことを理解できる国の人がどれくらいいるのだろうか…

女には知ることのできない軍隊のことが垣間見える気がしておすすめです!

韓国男性以外の人は実際の軍生活をある程度間接体験することができるでしょう。

このドラマを見てると自分の軍生活の記憶がよみがえり面白かった!

見るのはオススメですがこれが今の軍生活の全てではありません。

総じて「面白い」や「おすすめ」といった感想が多く見られました。
兵役で軍入隊経験のある男性の大多数が「当時の記憶がよみがえる」「こんな感じだった!」という感想が多かったのでリアルな感じがドラマに表れているんだろうなという印象を受けました。

行った人しか分からない軍生活をここまで現実のように作られたドラマは初めて見た気がしました。

このブログは韓国芸能人の兵役についての記事が多いです。

芸能人である前に韓国男性の一人である彼らは入隊しこういう風に入所式を迎え営内で生活しているんだというのが伝わってきてすごく興味深かったです。

軍隊の生活にはいじめという言葉も耳にします。

加害者は忘れてしまうのでしょうが犠牲者は一生忘れることのできない「いじめ」という残酷な言動は見ていて決して気持ちのいいものではありません。

それがこの作品を見ていてつらい部分でした。

登場人物のタイプは様々ですが、誰もが人間であり、誰かの子であり友達でもあるというのを改めて思わせる深い作品でもありました。

ぜひ韓国芸能人に興味のある方には見てほしい個人的には超おすすめ作品です!

error: